マッツンのジンクス釣行喜

ようこそ! マッツンの釣行喜へ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自己記録更新 

4月26日夜

久しぶりにエギング




見えイカを発見し、見えイカ攻略Aパターンで抱かないので見えイカ攻略Bパターンで抱かせ、ブッコ抜く
GetAttachment 2

950グラム



その後は釣れず納竿













































































で、何が自己記録更新かと言うと、『ブッコ抜き記録』

今までは800グラムが限界だと思っていたが、今回950グラムをブッコ抜けた。

今度は1キロ目指します!

































スポンサーサイト
[ 2008/04/28 19:42 ] 釣行記 | TB(0) | CM(10)

スズキ 

1月19日

この日は半島流しと久しぶりにスズキ狙い。

第一釣り人の後ろを通り、ポイントに入る。

しばらく投げ、ポイントを移動する。

その際、第一釣り人に話しかけてみた。

数匹の釣果があったらしい。

話しながら第一釣り人の顔をよく見るとなんと『拾八南部さん』でした。

しばらく話しをした後、移動を再開する。

すると、第二釣り人発見。

第二釣り人発見直後それは『長満野郎Aチームくん』であることに気付いた。

そして、約1時間ほど喋り、対岸のポイントに入った。


数投目でアタリがあったのでしばらく粘ってみる。


で、

GetAttachment.jpg

目測40センチ。

その後数投し、納竿。
[ 2008/01/20 13:08 ] 釣行記 | TB(0) | CM(5)

五島釣行 

11月24日夜~25日

フカセのクラブ大会で久しぶりに五島に行ってきました。

対象魚はクロ。

で、大会で勝つためには夜にクロを釣らないといけない。

なぜなら、今までマッツンが夜に釣ったクロの最小記録は42センチ。夜が明けてから釣った最大記録は46センチ。つまり、夜に釣った方がデカい。


夜釣りはタックルが太く、釣り方も知っている人はわかると思うがおもしろくない。

でも、大会には勝ちたいので夜釣りはフカセだけに決め、朝から好きな釣り方のフカセやエギングを楽しもうと思っていた。




で、夜にフカセをやっていると餌さ取りの動きがおかしい。

こんな時はだいたい大型魚が釣れる。






でも釣れない。

他に考えられるのはイカ、スズキ。



で、心が折れやすいマッツンはミノーを数回投げる。


でも釣れない。


続いてエギを投げる。

2投目で500グラムぐらいのミズイカ。

その後、2投しても釣れないのでフカセに戻る。

しかし、釣れるのはハタンポ。クロの引きと思わせる魚は全てイスズミ。

で、アジゴが釣れたのでそのまま放置すると2分も経たないうちにウキが入りなかなか浮いてこない。

竿で聞いてみるとイカの引き。


なのでエギを投げる。

で、目測500グラムと実測1.5キロが釣れる。(夜が明けてから写真を撮ろうと思っていたら忘れてました)






その後はフカセに戻るが釣れず、エギを投げ目測500グラムを2匹。

またフカセに戻るがつれず、夜が明けた。


その後も時間一杯までフカセをするがクロが1匹も釣れず納竿。



他の人達もクロはあまり釣れておらず、ミズイカを釣っていた人が数名(笑)

この時期に1.5キロのミズイカは嬉しかったけど、コッパグロ1匹すら釣れなかったのは初めてでビミョ~な感じでした。






















[ 2007/11/29 21:07 ] 釣行記 | TB(0) | CM(9)

ヤズ 

10月28日

この日はジュンさんと青物狙い。

と、その前にマッツンはスズキを狙いにある磯にたつ。

ショートバイトなアタリが頻繁にある。

飽き性のマッツンなのだが、同じ場所に2時間。信じられんばい。

で、結局釣れたのはタチ。


魚の正体もわかったのでジュンさんとの待ち合わせ場所へ向う。










ジュンさんと合流し、釣り場へ。





暗いうちにポイントに入りミノーを投げる。









ほんの少し明るくなった頃マッツンに魚が掛かる。

『ゴンゴンゴン』

エソ?

と思ったらいい感じに走り出した。

で、甘くみていたら根に入られた。

『チョンチョン』と竿を軽くしゃくったら8号のリーダーが切れた(涙)


気を取り直し、さっき掛けた場所に投げると2連チャンでヤズゲット。






マッツンのジンクスで『氷を持っていくと釣れ難い』のでこの日は氷は釣れてから買うことにした。

で、この日用意した物は『スカリ』

そのスカリに2匹のヤズを入れ海中放置。






しばらくしてスカリを見るとスカリの口を閉じていないことに気付く。

で、1匹逃げられた。






















その後は釣れなかったので  終わり
[ 2007/10/31 20:45 ] 釣行記 | TB(0) | CM(7)

青物狙い 

10月7日

この日はマサくんと青物狙いに。


釣り場の駐車場に到着するとそこには見覚えの有る車が有った。

釣り場を覗いて見ると、案の定居ました『謎の親父殿』。

で、しばらく話した後、ゴロタで投げる。



しかし、波、ウネリが有り釣り難い。

なので『謎の親父殿』の近くに移動。

で、マッツンは釣れる気がしなかったので『謎の親父殿』と話しこむ。


話しの中でこの日にマゴチが数本上がったらしいのでタイラバを投げてみる。

2~3投でマッツンは飽きた。

飽きた時にいつもやるのは底のズル引き。

海底をコツコツ感じながらズル引きしている。

この時マッツンは釣りをしている意識は全く無く、ただリールを巻いているだけ。


すると突然『ゴンゴンゴン』

この時マッツンの体は『アタリ』を感じとったらしい。

そして勝手にアワセまで入れていた。


ここでマッツンは釣りをしていたことを思い出す。

でも、魚はエソっポイ感じ。

途中、魚は走り出すがかまわずゴリ巻き。

そして、足元付近までゴリ巻きしてマッツンは気付いた。

青物?



魚体が見えた。

エソではない。やっぱり青物。


青物と気付いた途端、魚は走り出す。

タイラバは針が細いので慎重にヤリトリをする。


で、揚がったのは

071007_1659~0002.jpg

071007_1659~0001.jpg

目測40センチ。


その後、しばらく投げ、場所移動。







移動先で友人の半島流しと合流。

イカを狙う。







女子高生アングラーにからまれる。










タチを狙う。
















タチのアタリは3人とも有ったが何も釣れず納竿。
[ 2007/10/12 21:26 ] 釣行記 | TB(0) | CM(5)
プロフィール

マッツン

Author:マッツン
雨にも負けず、風にも負けず、吹雪のような雪にも強力な台風にも負けず。休みは必ず釣りに出かけるジンクス釣り師です。

フリーエリア
フリーエリア

現在の閲覧者数:
無料カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。