マッツンのジンクス釣行喜

ようこそ! マッツンの釣行喜へ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 

2月25日

この日もやっぱり南下している。

到着したのはいつものポイント。

そしていつもの泳がせ釣りのムカツクおっさん。

この日はなんと竿を3本、しかも遠めに竿を置いてるので間には入れない。

しばらくシャクリ続けるが釣れない。

『今日は絶対釣ってやる』とは思っているが、風と雨にやる気を奪われる。

とりあえず、車に戻りケータイでオセロや英単語クイズで時間を潰す。

上げが流れるのは1時半過ぎごろ。ケータイいじりも飽きたので、しばらく仮眠。

1時半ごろ目が覚める。

まだ雨は降ってるし風の強い、さらにムカツクおっさんが上げポイントをうろついてる。

『もうチョット寝よー』
目が覚めると4時半。

うわっ寝過ぎた!

弟はまだ寝てる。

風は微風、雨は小雨、おっさんも居ない。

『やるっきゃない!』
しばらくシャクルと少し離れた明暗部分で『バシャッ』

ルアーを取りに行こうか迷いながらシャクリ続ける。

『バシャッ』

また同じ場所でライズしている。

よし!弟を起こしに行こう!と思いながらシャクったその時

カッツン!
やっほーい!のったどーーー!
小さいけど大物が釣れた気分でポンピング寄せ。




060226_0508~02.jpg


400グラムぐらいだがメッチャ嬉しい。

クーラーに入れに行くついでに弟も起こしに行く。

弟に「釣れたどー」「ライズもしおっどー」と言うと飛び起きた。

その後やる気満々でシャクリ続ける。















しかし何も起こらなかった。









この日はキロ級の釣れる気がしたとですけどね。

マッツンのジンクスで、釣れると思った時はだいたい釣れるとですけどね。
スポンサーサイト
[ 2006/02/28 21:44 ] 釣行記 | TB(0) | CM(6)

やっぱりエギング 

2月24日

弟が家に来た。

マッツンは土曜日に休みを取ったので釣りに行く事を弟に伝えた。

「じゃーオイも行く」と弟。

って事でいつものイカポイントへ出撃!









風が釣りにくい方向から吹いてくるので移動。

パッとしないのでまた移動

弟が翌日仕事のため帰宅。




墨の跡が段々増えてきてるのでもう少しかな

[ 2006/02/27 21:28 ] 釣行記 | TB(0) | CM(0)

ハンガーの正しい被り方 

060220_1950~01.jpg

こんな感じで被ります。
[ 2006/02/20 20:08 ] 釣行記 | TB(0) | CM(12)

ロックフィッシュ爆釣 

2月19日

前日Hさんから突然『○島行くばい』との電話。

前回Hさん達が○島に行った時アラカブを爆ったらしいので、『もちろんOK!』と返事をする。

当日の朝待ち合わせの時間に弟が来ない。

Hさんとの待ち合わせ時間を考えると10分しか待てない。

10分後、弟は携帯を持ってないので、どんな状況か分からないため見捨てる。

Hさん達と合流。

Hさん弟の船で○島へ上陸。

早速釣り始めるがアタリすらない。

Hさんはフカセでチヌ狙い。

アラカブ釣り班はマッツン以外は釣れている。

なんだかやる気が無くなったその時ようやく1匹。

その後なんと『入れパックン』状態。

サイズは関係無しで1人で40匹は絶対釣っている。

一番でかいので25センチ


060219_1434~01.jpg


久ぶりの爆釣はおもしろかった。
[ 2006/02/19 20:45 ] 釣行記 | TB(0) | CM(5)

針金ハンガー 

[ 2006/02/15 19:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

土曜日の夜 

Hさんからまたロックフィッシュのお誘いの電話がかかってきた。

しかし最近弟がエギ竿を買い、イカをブッシュブっシュ言わせる予定だったのでお誘いを断る。

で、いつものポイントへ。

到着!

強風、しかも投げにくい方向からの風

Hさんの事が気になり電話をする。

が、電話に出らん。

マッツン達は風を避けるためポイントを移動する。



到着

風はたまに突風が吹く程度。

しかし、釣れない!

気を取り直してロックフィッシュ狙いでポイント移動

移動中にHさんから電話がかかってきた。

内容は、キープサイズのアラカブがけっこう釣れたらしい。

そっちに行けばよかった!



その後ミジンコ1匹釣れない。














今日はこれぐらいにしといてやるぜ!




















[ 2006/02/14 22:19 ] 釣行記 | TB(0) | CM(0)

ロックフィッシュ続編 

2月7日この日は雨も降ってるし風も強い。

さすがに今日は中止ばいねと思っていた。

仕事もようやく終わりかけた頃Iさんからの電話

Iさん「予定変更」

マッツン「中止でしょ」
Iさん「いや行くよ。19時集合けど大丈夫」
マッツン「先に行っとってよかですよ」
Iさん「じゃー待っとるけん」すげー!

あのIさんが雨風関係なく釣りに行くとは!

やる気満々ばい!









そして仕事も終わりメシ食って、風呂に入って少しゆっくりして出発。

途中でIさんに電話すると風裏を探して移動中らしい。

その後合流してびっくり!

なんと、マッツン合わせて7人も集まってる。

ちょっとした大会?

その後また釣り場探しのドライブに出発する事になった。

話会いの結果マッツンの車は置いていくことになった。

そして釣り場に到着

そして今回も忘れ物

この日忘れたのはワーム&ジグヘッド

これぐらいはみんな持っているのでもらう事に決定!

マッツン「Iさ~んワームとジグヘッドくださーい」
Iさん「ジグヘッド持っとらんばい」
マッツン「?」

Iさん「ジグヘッドってたっかろ?」
で、Iさんが見せたのは丸セイゴの針とガン球

さすがフカセ釣り師の仕掛けである。

その後悪天候の影響かまったく釣れない。

アタリはあるけど釣れない・・・

釣り場を移動しても釣れない・・・

そして7人で釣れたのは『アラカブ』3匹

最悪でした。
[ 2006/02/10 20:56 ] 釣行記 | TB(0) | CM(2)

ロックフィッシュ 

2月7日

最近マッツンの所属する釣りクラブのメンバー数名が『ロックフィッシュ』に夢中になっているらしい。

マッツン「ロックフィッシュってオキアミで釣るとですか?」

Iさん「なんば言いおると!ワームで釣るとさ!」

実はIさんには弟が2人いて2人共ルアー釣りをしているのにIさんだけは餌さオンリーだった。

そのIさんがルアー釣りを始めたのでマッツンはかなりの驚き!

ってことで2月7日に釣りに行く約束をする。


続く
[ 2006/02/09 22:04 ] 釣行記 | TB(0) | CM(2)

クロ釣り大会 

2月5日

この日は某釣具メーカーのファングループの支部でのクロ釣り大会に参加する。

ついでにマッツンの所属する釣りクラブの大会も行われる。

まず、検量方法を説明します。

支部の方は2匹の総長。同じ長さの場合は総重量。

クラブの方は1匹の長さ。同じ長さの場合は重量。

まず受付を済ませ船の待つ港まで移動。

この日はクラブ内で『実力ナンバー1』だとマッツンが思っているMさんと上礁予定。

このMさんはマッツンと年も近いので大会意外ではたまに釣りに行く事があるが、大会で上礁するのは初めてである。

40分後港に到着。

船に荷物を載せ、クラブのメンバー達と話をしていてMさんが小声でマッツンにつぶやいた。

Mさん「この話の流れからいって会長も一緒に上がるごたんね」
マッツン「本当ですか?いっちょん聞いとらんやったです」
で、うちのクラブの会長を簡単に紹介すると、『バラシ名人』です。

話の途中でジンクスアイテム『釣れる時計』を忘れそうになり慌てて車へ取りに行く。

しばらくして出港し約1時間後に五島の近くの離島に到着。

そして上礁。

時計を見ると午前6時少し前。

やばい!もうすぐ太陽が出てくる。

時間が無いが、とりあえず会長からの説明を聞く。

会長の説明を参考にMさんと近くで釣り始める。

その後周りが明るくなり始めた。

その時!





なんと!

















ウキを見失った・・・
もしかすると魚が持って行った可能性も有るので竿でゆっくりラインを張っていく。

すると














『ゴゴゴゴッ』
電撃アワセを入れる。

すると今までに夜釣りで味わった事の無い走り!


『こりゃーものすごくコマかばい』
魚が浮いてきて40センチ有りそうなのでタモに入れようとタモを振る。

あれ!?
いくら振ってもタモが伸びない。

見かねたMさんが助けにくる。

が、Mさんもタモを伸ばせない様子。

Mさんも諦め自分のタモを取りに行き、無事にすくってもらった。

上がってきた魚は尾長35センチぐらい。

その後太陽も昇って2人とも諦めモード。

そしてマッツンはメシを食い始め、Mさんはヒラを狙うためルアータックルを用意している。

すると会長が登場。

会長「お前達はなんばしおっとかー!」

Mさん「釣れんもん」

会長「今釣らんばいつ釣るとか!」

その後説明が始まり

会長「どらー、竿ばもってこいさー!」
Mさんが竿を持ってくる。

会長「こをなこーして・・・・」
などと言いながら段打ちしていたガン玉を外しだした。

マッツンは飯を食い終わり再度釣り開始。

しばらくしてMさんも釣り始める。

するとMさんが『釣れた!?』
『うそ!』

と思い会長に作ってもらった仕掛けを見に行く。

『え!?』

って感じの仕掛け。

マッツンも試しにその仕掛けでやってみる。

『釣れた!?』

さすが『バラシ名人』ばらすためにはまず『掛ける』が必要である。

つまり、『バラシ名人』ってことは『掛けるだけは名人』でもある。

その後2人とも何匹か釣れる。

やばい!

撒き餌が無くなってきた!

時間を見ると

うっそー!

船が回収にくる30分前

しかたなく片付け始める。

その後3人とも片付けが終わり3人とも集まる。

会長「今日はだいも釣っとらんぞ」「マッツンが優勝じゃなかかな?」

マッツン「本当ですか?」

正直言ってマッツンは検量に出すのも恥かしいサイズしか釣っていない。

その後船に乗り帰港。

みんなに話を聞くが本当に釣れてない様子。

検量場所に移動しのんびりしていると

会長「マッツーン!マッツーン」

マッツン「はーい!」 

会長「早よー検量出さんか!」

たぶん他の人は会長のおかげでマッツンがでかいクロを釣ったと思っている。

で、クーラーを持って行きデカい方から2匹出す。

この時マッツンは恥かしくてたまらんやった。

サイズは36センチと31センチ

同じクラブの人も検量に出す。

サイズは34~35センチを2匹。

そして表彰式

優勝は同じクラブの人。2位は全然知らん人。3位はマッツン。

50数人中検量に出したのは数人、優勝のサイズもこの程度。

今までに無い低レベルの大会でした。

表彰式終了後、クラブの検量。

結果は1位マッツン、2位支部の大会で優勝の人



   










20060205220839.jpg

クラブの賞金はノシ袋を忘れたらしく裸でもらいました。

よく考えると今年度大会は4回あったが、賞金をもらったのは久ぶり。

今年度はめちゃくちゃ調子が悪い。

今年度はあと1回大会があるが参加はできない。

来年はルアーロッド持って行かんで真剣に釣らんばできんばい。



釣果↓
060205_1722~01.jpg

[ 2006/02/08 23:43 ] 釣行記 | TB(0) | CM(2)

 

20060205220839.jpg

[ 2006/02/05 22:09 ] 釣行記 | TB(0) | CM(2)

懲りずにエギング3 

2月2日

前回の事が悔しくてまたエギングに出発!

到着するとかなりの強風なので、外海側での釣りは無理。

なので見えイカポイントでシャクリ倒す。

やっぱりダメ

おわり。
[ 2006/02/03 09:39 ] 釣行記 | TB(0) | CM(0)

懲りずにエギング2後編 

次の日はマッツンが仕事のため弟の車で行く事に。

まず弟が家に来てPCをいじってる間にタックルを車に積む。

が、しかし、弟の車に鍵がかかってる。

しかたがないのでタックルを自分の車に乗せ弟を呼びに行く。

そしてタックルを積み出発!

出発後約30分

弟「あんたエギバッグ乗せた?」

マッツン「乗せたろ?」

マッツン「見てみるけん」

マッツン「なか!!」

弟「そーやろ竿しか積みおらんごたったもん」
マッツン「わいエギ何個持っとる?」

弟「3個」

マッツン「行きがけにエギば買って行こ」

で、最初の釣具屋に到着。

エギは有るけどエギ王Qやダートフォースが無い。

有るのは千円以上のエギばかり。

しかたがないので店を出る。

すると、

店内に居たタクシーの運転手が「またどーぞー」


で、次の釣具屋到着!

閉店。

で、最後の釣具屋到着!

ここも閉店。

ブチコロス!!

ダレヲ?

シラン

まーこんな時の方が良く釣れるもんね!

例えば、本気でタモを忘れた時など。

色んな事が有りながらも無事に釣り場に到着。

すると、予報よりは風が無い。よか流れも有る。

『絶対釣れた!!』
早速エギを借りる事に。

マッツン「エギ貸して」

弟「ピンクば使ってよかよ」

ピンクのエギはマッツンの使い古しの片目が取れた物だけ。

マッツン「こいや」

弟「違う!」「あれ?」

しばらくして

弟「オイもあんたの車に忘れてきた」

マッツン「マジで?」

弟「マジ」
しかたがないので片目のエギを使う。

実は、片目が取れたエギではイカは釣れないとマッツンは思う。

これってジンクス?なんか理由有るの?って言うか目が夜光の玉だけのも有るたい!

なんて考えながらエギをシャクル。


1時間後反応無し。

よし!



見えイカを探しに行こう!

「しかし今日はビニール袋の多かねー」

なんて思いながら歩いていると、明らかにビニール袋では無い動きのヤツが4つ。

『完璧に釣れた!』と確信する。

とりあえず弟を呼ぶ。

そして手前のイカから狙う。

『あれ!?ゴミやった~』
エギを回収する。

『うわ!』チョイ沖のイカが追ってきた!

再度エギを投入。

イカの下にエギがきたころに1回『チョン』と軽くシャクル。

するとイカが沈んで行く。

『やったー!』


『あれ?』
なかなか抱かない。

試しにシャクってみる。

乗ってない!

しかたがない他のイカを狙う事に。

『だーーーーッ』
イカの全部おらんくなった。

こがんはがいか日は無かばい!

めちゃくちゃ歯が烏賊ばい!

しかし1年前まではあの釣り方で見えイカをバンバン釣りおったとに最近は見えイカのいっちょいん釣れんごとなった。

なんで?

その後もその周辺を探り続けるがまったくダメ。

午前0時になったので納竿。



この日のジンクス  片目のエギは釣れん!
この日の教訓    やっぱり自分の車がいちばん!



[ 2006/02/03 08:58 ] 釣行記 | TB(0) | CM(7)

懲りずにエギング2 

1月31日

この日は今週末にフカセ釣りに行くので小道具を買いにポイントへ行く。
そこで小道具をカゴに入れBのウキとG2のウキどっちを買おうか迷っている時に

「オゥ!」

ポイントで良く遭遇する人物ナンバー1のマッツンの弟。

しかも会っていきなり「今日行かんと?」

弟は次の日が休みなので行く事に決定。



続く
[ 2006/02/01 21:33 ] 釣行記 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

マッツン

Author:マッツン
雨にも負けず、風にも負けず、吹雪のような雪にも強力な台風にも負けず。休みは必ず釣りに出かけるジンクス釣り師です。

フリーエリア
フリーエリア

現在の閲覧者数:
無料カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。