マッツンのジンクス釣行喜

ようこそ! マッツンの釣行喜へ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やっぱり 

土曜日

この日はマジで北部に行くつもりでした。


しかし!南部の風速2メートルの予報。

で、やっぱり・・・



















で、釣れたのもやっぱり・・・



060325_2335~01.jpg


次週は絶対北部に行くゾ!

もちろん『まーさん』も連れて。
スポンサーサイト
[ 2006/03/27 21:44 ] 釣行記 | TB(0) | CM(8)

吉報! 

あれは昨夜の出来事やったです。

マジやばかったッス!
[ 2006/03/22 22:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

狙いは何? 

3月18日

3日ほど前にまーさんからのタレコミメールがきた。

内容は○島で900g~1.8㌔のマダイが1人平均2~3枚。

ってことで日曜日はマダイ釣りに決定!









18日の夜まーさんと餌を買いに行く。

、日曜日はどーも風が強いらしい。

相談の結果夜にメバル、朝マズメに青物&ヒラメ狙いに決定。

早速弟にも電話してみる。

案の定喰らい付いてきた。



ってことでこの日も3人での釣行。






とりあえずメバルを狙う。

が、風も強くおまけに寒いので寝る。

朝6時目が覚める。

ゴーーー ヒューーー

風。

1時間後ようやく車から出る。

しかしヤル気は3%

30分は投げたかな?場所移動。

今度はフラットフィッシュ狙い。

某漁港に到着。

テトラ地帯で釣る予定だったがテトラが下り辛かったので他の場所を探す。

すると、1台の車から板を持ったウェットスーツ姿の男が走り出した!

海を見るとすでにもう1人の男が沖の波へと進んでいた。



そーです!彼らはサーファーだったのです。

しばらく観察。
060319_0832~01.jpg


飽きてきたので港内で釣ることに。

しばらくして見覚えのある車がやってきた。

車から降りてきたのは会社の後輩。

彼も波乗りにきたらしい。

少し話して後輩は車に戻る。

その後、後輩は準備を済ませまたやってきた。

後輩「釣れた~」

マッツン「全然ばい」

と言った瞬間

ガッ
無意識に電撃アワセ

ゴンゴンゴン

エソではありませんように。

海中で見える魚体はなんとなくエソにも見える。

060319_0900~01.jpg

060319_0858~01.jpg

良かった、釣れたのはマゴチ40センチ

写真を撮っていたらまーさんにもヒット!

060319_0902~01.jpg


右側がまーさんのマゴチ

しばらくしてようやく弟にもヒット!

060319_1003~01.jpg

そしてマッツンにもヒット!

060319_0947~01.jpg




この港のマゴチは釣りきったらしくアタリも無い。

ってことでマッツンのホームグランドへ久ぶりに行ってみる。

すると、昔ゴジラに壊された(ウソ)堤防が直されていた。

とりあえず3回ほど竿を振りまた場所移動。

行き付いた場所はフォーバイツー朗川付近。

ここもマゴチが釣れそうやったけどやっぱいダメ。

ってことでここで納竿。



しかし、まーさんと釣りに行くとよー釣れるばい!今度はスズキ釣りに連れて行って、まーさんの効力ば試さんばいかんばい!

[ 2006/03/21 17:17 ] 釣行記 | TB(0) | CM(8)

知りませんか? 

マッツンがマゴチ釣りで使ってる『3Dジグヘッド』ってのが有るとですけど、誰か売って有る店知りませんか?
3d_set.jpg

右側のジグヘッドだけのか欲しかとです!
[ 2006/03/14 22:43 ] 釣行記 | TB(0) | CM(4)

長時間釣行3部 

I君の運転で南を目指す。

途中寄り道して釣れそうな所を見て回る。

藻がギッシリ生えていて水深は浅め。

もうちょっとしてからまた来てみよう。

そしていつものイカポイントに到着。

昼間でも釣れるか不安だがやってみよう。

しばらくしてこの日1人で仕事をしている会社の後輩からの電話

後輩「マッツン君今どこ?」(あわてた様子)

マッツン「○○けど」

後輩「お願い!今から来て!」

マッツン「マジで!」

後輩「ウソピョ~ン」 「明日も休みらしかよ」

マッツン「おっお~そーや」

かなりビックリさせられたけど、翌日も休みになったのでヤル気も倍増。

がッしかし釣れる気配が無い。

そしてちょっと釣り方を変えてシャクって着低後竿で聞いてみる。

『ギューギュー』
おっ!

アワセずにリールを巻いてみた。

うっ!

掛かっとらんやった

しばらくしてまた竿で聞いてみた。

『ギューギュー』

今度は電撃アワセ!

失敗!足だけ付いてきた。



その後アタリが無くなった。

すると弟が『きた!』

マッツン「ゴミやろ?」

弟「違うって!」

マッツン「ちっちゃかろ?」

弟「デカかって!!」

水面に出てきたイカは良かサイズ




060311_1714~01.jpg

後で量ったら1キロ丁度。

しばらくして、隣で釣ってるI君を見ると竿で聞いている様子。

すると、竿が少し重めに曲がる。そして、『ギューギュー』

I君「きたー!」


060311_1826~01.jpg

400グラムぐらい。

その後またアタリすら無くなる。



そして辺りは暗くなった。

すると、マッツンにもキター!
あれ!?

全然走らん。ゴミか?

すると水面で『ブシュッ』060311_1848~02.jpg

やりました!ミズイカ300グラム程度。

丁度釣り上げたその時エギングに来た方が登場。

話によると、向こう側では700グラム程度のミズイカが3匹釣れているらしい。

『今日は爆るバイ!』と思いながらガンガンシャクル。

その後数投目でまたマッツンに!

ドラグは出はしないがデカそう。


060311_1928~01.jpg

700グラムぐらいかな。

そして潮の流れも良くなってきたが、何せ家を出て20時間が経ち疲れもピークに達した為帰宅することに。

粘ればもっと数が出たはずやっただけに今さら後悔してます。

あと、この日釣り方を変えて思ったとけど、今までアタリの取りこぼしが多々あったはず。

今後もあの釣り方でやってみよー。
[ 2006/03/14 21:45 ] 釣行記 | TB(0) | CM(6)

長時間釣行二部 

本命ポイントに到着。

まだ暗いのでスズキを狙ってみる。














玉砕。

しばらくしてフカセ師が登場。

釣り場が無かけん帰るやろーと思っっていた





撒き餌をこねだした


そしてフカセ師が仕掛けを投入











おいおい!


マッツン達の目の前を『お前らジャマだよ!』と言わんばかりに流しだした。

しかたがないのでフカセ師に迷惑を掛けないように投げる。

???なんで?オイ達が??

太陽が昇りだし、ヤズ&ヒラメ狙いでジグを投げる。

もちろんフカセ師のお陰で思った用に釣りができず潮止まり。

すると


ガガガガッ
ヒラメか!?





残念アラカブ12~13センチ程度でした。

その後、また某漁港に戻る。

某漁港で釣りながらある事に気付いた。

マッツンのジンクス『I君と居れば何かが起きる』である。

しばらくして

060311_0853~01.jpg

060311_0856~01.jpg

マゴチ25センチぐらい。

もっとデカイやつが釣れんかなって思って5インチのワームに変えて数投目。

ピックアップ直前にチェイス!

『もー間に合わんばい!』と思ったその時!!!

水面でガツ!


060311_0919~01.jpg


ヒラメ85センチ!























と、言いたいがソゲ20センチほど。

その後3人で「イカ釣りたかねー」「行く?」「けど寝とらんばい」

「オイが運転すーかー」とI君。

この時、午前10時ごろ






続く
[ 2006/03/13 21:04 ] 釣行記 | TB(0) | CM(3)

長時間釣行 

3月10日
「○○○でまだ青物釣れるかな?」とI君からメールが来た。

その後I君から電話が来て、なんでも友人激ポがヤズ60センチぐらいを釣ったらしい。

真相を確かめるために東に出撃決定。

弟も土曜日が休みだったので一緒連れていく。

とりあえず夜のうちに出発。

某港に到着。

すると10センチほどの小魚(ボラの子と思う)がウジャウジャ居る。

もしかしてと思ったがスズキは居ないみたい。

なので根魚狙い。

すると、I君の竿が曲がっていた。
060311_0259~01.jpg

釣れたのはマゴチ30センチ。

この中途半端なサイズは初めて見たばい。

その後マッツン兄弟は釣れず本命ポイントに移動する。



続く
[ 2006/03/12 20:03 ] 釣行記 | TB(0) | CM(5)

不発 

土曜の夜

この日も馬鹿のイッチョ覚えでエギングに出発。

無風。

弟にタコ

マッツンにはゴミ。















その後マッツンに『ギュ-ンギュ-ン』とアタリ。

無意識のうちに電撃アワセ。

もちろんイカは付いてません。


その後フテ寝。

で、弟にスーパーで売っている一般的なイカ、しかも500グラムありそう。

次、弟にミズイカ300グラム。その前に小さいミズイカも釣れたらしい。






その後夜が明け、ポイントを転々とするが、なんも無し。

海に居るのに山上りしたり、海に浸かったりするが・・・


終わり
[ 2006/03/05 20:45 ] 釣行記 | TB(0) | CM(3)
プロフィール

マッツン

Author:マッツン
雨にも負けず、風にも負けず、吹雪のような雪にも強力な台風にも負けず。休みは必ず釣りに出かけるジンクス釣り師です。

フリーエリア
フリーエリア

現在の閲覧者数:
無料カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。