マッツンのジンクス釣行喜

ようこそ! マッツンの釣行喜へ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スズキ釣り 

11月26日

この日も北への釣行。

もちろん弟も一緒。



上げのポイントを北在住の友人に聞いたので先ずソコに行く。

しかし、ソコは釣座が水没していて非常に釣りにくい。

ってことで数投して撤退。



下げが流れるまであと3時間チョット。他に行く宛ても無いので先週の所で仮眠。



























3時間チョット経ち、ポイントへ。

すると長満野郎Aチーム君の車を発見。

で、メールをブチカマシて釣り始める。















しかし、何も起こらない。





ってことで長満君の方へ移動。

すると途中で遭遇。

しばらく話し、釣り場へ到着。

足元には見えスズキ数匹が見える。

が、釣れず元の場所へ移動。











しばらく経ち

『バシャバシャ』

スズキがエラ洗い。

横を見ると弟がファイト中。

「タモ係が魚を掛けちゃいかんばい。」

とつぶやきながらマッツンがタモを手に取る。

もちろん浮いてきたスズキ様を突付いて逃がすために。

しかしスズキ様は自力で逃げ出したらしい。




その後はアタリが有るだけ。


そして朝日が昇り長満君にサヨナラの挨拶を済ませ納竿。

この時雨が降り出した。

ジンクス通りばい!



ついでに、マッツンのジンクスに『髪を切ると釣れる』が有るので帰宅後直ぐに床屋に行ってきた。

来週は爆釣間違い無しばい!









スポンサーサイト
[ 2006/11/26 20:34 ] 釣行記 | TB(0) | CM(4)

電撃タモ入れ名人 

11月18日

この日は久しぶりに弟も参加。



雨も降ってるし風も強い、しかも弟が一緒なのでスズキ釣行に決定。

なぜ弟が一緒ならスズキ釣りなのか初めてこのブログを見た方に説明しますと、弟は『電撃タモ入れ名人』なんです!
(タモ入れは自分自身で行うのが常識です)

どのくらい凄いかって言うと、まだ水中を泳ぎ回っている青物をタモに入れることができます!しかも一発で。



まーそんな事で北にスズキ釣りに行ったとですばい。





途中、スタバでアイスコーヒー(ブラック)を購入。






釣り場に到着すると潮はまだ穏やかに流れている。

この日はポイントは拾八南部さん御用達ポイントとたっくさん御用達ポイントと長満野郎Aチームさん御用達ポイントの3箇所回る予定。

拾八さん御用達ポイント付近は潮位が下がってからが実績が有るので後回しにして先ずたっくさんのポイントに入る。



潮は相変わらず穏やか。

足元には見えスズキ。

弟には数回アタリがあったらしい。




途中、拾八南部さんが通過する。








流れが少し強くなり出したのでルアーをラウリスに変え数投目、沖の方で

『ゴンッ』

体が勝手にアワセを入れる。

ドラグが緩く、上手くフッキングしていない可能性が高いが魚は掛かっている。

走り、重さから推測して60センチチョット。

しかしこの後、強烈に走られフックアウト。


久しぶりのスズキだったのでメチャクチャ悔しい。



その後、足元の見えスズキが捕食を始めた。

しかし、コイツがマッツン達の竿をしならせる事はなかった。






























しばらく経ち、潮は本格的に流れ出した。

今度は長満君のポイントに入る。


流石長満ポイント、到着して直ぐに便意に襲われる。

便意を紛らわす為に小便をしようとするが大の方が先に出ようとする。

すると!

『ボコッ』
『ボコボコッ』(ウ○コじゃないよ)


弟が慌しく動く。

マッツンも便意をこらえて海面を見ると足元で数匹がライズしている。

マッツンは便意と必死に戦いながらサスケを投げる。

1投目で

『ゴンッ』

意識的に強めにアワセを叩き込む。

『バシャバシャ』

ナイスサイズ!!

70センチは軽く超えている。

コイツは絶対に取りたい!

しかし、スズキは海底へグイグイ潜って行く。

1キロのミズイカぐらいじゃビクともしないドラグの強さなのに簡単にラインが出される。

ソルカ802Lの竿は磯竿の様に曲げられる。







ようやくスズキが水面に現れる。

すると弟が近寄り得意げに

「入れようか?」(タモに)

「お願いします名人!」

と弟にタモ入れを頼む。
(タモ入れは自分自身で行うのが常識です)

すると、間髪入れず電撃タモ入れ!!

しかしスズキはタモから落ちさようなら。


ここからは先はスズキも散ってしまい納竿。








最近タモを使うような魚は釣っていなかったので弟のウデが鈍ってたばい。

よ~し、弟のタモテクを上げるためにもバンバン太か魚ば釣るはい!

[ 2006/11/19 11:38 ] 釣行記 | TB(0) | CM(7)

北部エギング 

10月28日

某島へヨメと2人での釣行。

釣り場に到着するとなんとおサルエンジェル開発者が立っていた。

2週連続で会え、しかも先週同様雨が降ってなかったのにはビックリ!




で、潮が流れ出すまでトーク&エギング。

もちろんオサルエンジェル4本もちゃっかりもらう。

しばらくして
DSCF0411.jpg



400グラム。


その後潮の流れ始め、ライズも起こるが釣れない。




そして長満君が場所移動。

マッツン達も某漁港へ場所移動。

到着して直ぐに長満君から撤退するのメールが入る。




とりあえず海の様子を見ると50センチ程のスズキ2匹を発見。

捕食している様子もあるので狙ってみるが釣れない。


スズキは諦めてエギング。

すると、すぐに
DSCF0419-1.jpg



400グラム程のミズイカ。



粘れば数が出ると思ったがこれ1匹で終わり。









マッツンのジンクスに『長満君と出会う日は雨』が有り、今日は降らんばいね~って思いおったら帰りに体感できない程の雨が降ってた。前回会った日も同じだったような気がする。
[ 2006/11/12 22:33 ] 釣行記 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

マッツン

Author:マッツン
雨にも負けず、風にも負けず、吹雪のような雪にも強力な台風にも負けず。休みは必ず釣りに出かけるジンクス釣り師です。

フリーエリア
フリーエリア

現在の閲覧者数:
無料カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。