マッツンのジンクス釣行喜

ようこそ! マッツンの釣行喜へ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホームでエギング 

7月22日

本日は某港で清掃活動。

その後、マッツン所属クラブの交親会でBBQ♪

で、マッツンの日程では釣りに行く暇はなかったが、BBQが早く終わったのでホームに向う。

と、言うのも、マッツンのブログでも良く登場するI君ことマサくんからヤル気が有りそうでなさそうなイカが居たって情報をもらったから。


で、到着し30分後
070722_1602~0001.jpg

目測1キロ

たて続けに
070722_1608~0001.jpg

目測300グラム


その後、噂のヤル気が有りそうでない見えイカがざっと見て5匹。

で、いつもの様に見えイカの少し下で『チョコン』とシャクってみる。

いつもの様にイカがエギを追っていく。

そしていつもの様に抱いた!

と思った瞬間、イカはエギから離れていく。


こんな時は見えイカ攻略Bパターン

先ずはいつもの様にイカの下で『チョコン』と誘う。

そしてイカがエギを追い、抱きそうになったらエギをダートさせイカには抱かせない。

そしてそれを数回繰り返し、フリーフォールで締める!



見事に抱きました。


070722_1653~0001.jpg

実測1.2キロ

その後、噂のイカ達は居なくなった。

で最後の1匹
070722_1658~0001.jpg

目測200グラム

で、最後にイカの総重量を量ると2.9キロ

マッツンの目測はあてにならんですばい(^^;




釣ったイカは前回も同じですが、「お前はごっとい釣りに行きおるばってんいっちょん魚ば持ってこんやっか」「釣れおらんとやろヒャッヒャッヒャー」と笑い話にしていた親戚達に配りました。
スポンサーサイト
[ 2007/07/22 20:22 ] 釣行記 | TB(0) | CM(8)

暇なので 

昔釣った大物の話し。



この日は平日に仕事が休みでヒラメを狙いに出かける。

先ずは岩混じりのサーフで狙ってみる。

で、ルアーで初めてチヌ45センチを釣る。

その後家に帰り、やっぱりヒラメが釣りたくてまた釣りに出かける。



釣り場に到着すると、釣れると聞いていたポイントには海水が無い!

しかたがないので海水が有る潮通しが良さそうな場所まで歩く。

ポイントに着くとイカ狙いの餌さ釣り師が1名。

取り合えず、行きがけに初めて買ったサスケを投げる。








30分後、飽きた。

「エギでも投げてみるか」


でも、エギを車に忘れた(涙)

渋々サスケを投げ続ける。


そしてある時、

『ぬ~ん』

『ぬ~ん』

と藻に触れた様な感覚が伝わってきた。



っとその時、竿がひったくられた!

すかさずアワセを入れる。

見事に魚はフッキングした。

でもやばい!デカ過ぎる!
こりゃ~座布団級のヒラメに間違いなか!

しかし、この走りは半端じゃなか!

ドラグが今まで聴いたことの無い音を出しラインが出て行く。

普通ドラグの音は「ジージー」だがこの時は「チーーーーー」だった。

これではマズイと思いドラグを締める。

ヤバイ!竿が折れる!!

またドラグを緩め、走りが止まるとフカセ仕込のスーパーポンピングでラインを巻き取る。

そしてまたラインを出される。


そして沖の方で魚がエラ洗い。

??

ヒラメはエラ洗いする?









エラ洗いを数回かわし、ようやく足元から5メートルの所まで寄せる。

しかし、足元から3メートルは浅い沈みが入っている。

ここでマッツンの願いは『魚を釣り揚げたい』から『サスケだけは助けて下さい』に変わっていた。


で、マッツンはサスケを助ける為に必死でやり取りを続ける。

そして足元まで寄せた頃、タモを持ってきてないことを思い出す。

後を振り向くとイカ釣りのおっさんは全然気付いていない。

こんなに走り廻ったり、しゃがんがり立ったりしてるのに。



そして、足場の低い所に移動し、バッグに忍ばせていたハンドギャフを取り出し、見事ランディング成功。

そして、イカ釣りのおっさんが気付いた。

「ふとかね~」

今頃ですか!


でも、確かにデカイ。

見た感じは1メーター。

しかし、この時マッツンはメジャーを持っていなかった。

そしてマッツンは竿を畳み、家に帰る。





そしてサイズを測る。


しかし残念ながら95センチ、7.5キロやったかな?







20070714225132.jpg


1.5メートルのメジャー買ったのに95センチ。1メートルのメジャーでもよかった(涙)


終わり
[ 2007/07/14 22:55 ] 釣行記 | TB(0) | CM(7)

訂正 

なんてこったい後編で訂正があります。

画像と2匹を合わせると12匹に?

マッツンが釣ったのは11匹なのに?

『画像が無いのが2匹』ってのが本当は1匹でした(^^;

重量と画像が合ってないヤツもあるかも(爆)
[ 2007/07/11 21:00 ] 釣行記 | TB(0) | CM(0)

なんてこったい 後編 

ハタを釣った後、南下し、S級ポイントを目指す。

しかしS級ポイントは今の時間はC級ポイント。しかも明かりが消えている。

って事で場所移動。




先ずは腹ごしらえ。



そんで、海の状態を見る。

ベイトが多少飛び跳ねている。


続いて偵察。

堤防にいたおっさんがミズイカを揚げていた。




早速エギングの準備。








竿にラインを通し終わった頃、見えイカ発見。

エギを付け、第一投


で、

070707_2104~0001.jpg


950グラム




しばらくしてまた見えイカ発見。


070707_2141~0001.jpg

1キロ

続いて発見
070707_2214~0001.jpg

1.7キロ


で、次は来た時から気になっていた見えスズキを狙う。



070707_2222~0001.jpg

目測20センチちょいぐらい。


また見えイカ発見!
070707_2230~0001.jpg


忘れたけど1キロ超えとると思う。



今度は底の方で

070707_2325~0001.jpg

目測200グラム。


続いて見えイカ発見

070707_2352~0001.jpg

忘れたけどたぶん700グラム


見えイカが見えなくなったのでサンドワームをノーシンカーで
070708_0054~0001.jpg

070708_0104~0001.jpg


上から目測20と18

そして見えイカ070708_0059~0001.jpg

1.5キロ


そしてオサマン野朗Aチームの登場

喋りながら底の方で

DSCF0319.jpg


1.2キロ

続いて底で



070708_0210~0001.jpg

目測500グラムと予想し、オサマン君と量ってみるとなんと700グラム。

と、ここで大噴水。マッツンはもちろんオサマン君も海水を浴びる。

で、秤を見ると600グラムに減っていた(笑)

その後も底で2匹釣ったのだがなぜか画像が無い。取り忘れたかな?




そしてこれも底で

070708_0335~0001.jpg

忘れたけど見た感じ400グラムかな?


しばらくたちオサマン君がタイムアップ。マッツンもタバコが切れたので納竿。

なんか1年分のイカを釣った感じやったばい(*^・^*)

ちなみにこの日は久しぶりに『小岩井ミルクとコーヒー飲みまっした』

オサマン君お疲れさまでした!

[ 2007/07/10 21:42 ] 釣行記 | TB(0) | CM(8)

予告 

070707_2214~0001.jpg

[ 2007/07/09 23:53 ] 釣行記 | TB(0) | CM(4)

なんてこったい 前編 

7月7日

この日は仕事が昼まで。

なのでアロマに行ってきました。

狙いの場所はマッツンの最大の魚を釣った場所。

しかしその場所は潮がけっこう下がらないと行けない場所なのでその間に寝貯めする。



18時に釣り開始。狙いはとりあえずスズキ。

先ずはミノーから。







反応なし。


続いてバイブ。




飽きてきたのでそろそろ帰ろうと思ったころ

「カツッ」

オートアワセなんとかが作動する。

ん~藻っぽい。

で、巻いてきたら根掛かりしたっぽい。

で、ラインを引っ張ったら取れたっぽい。

で、また根掛かりしたっぽい。

で、竿でビシビシしたら取れたので巻いてたら魚が付いてた(笑)

どーも藻と思ってたのはこの魚で根掛かりと思ってたのはこの魚が根に入りこんでたみたい(爆)


で、この気になる魚は、?ハタ。

とりあえず、ラインを掴みブッコ抜く。

写真撮影のために安全な場所に移動。

メジャーを釣り座に置いてたのでラインを掴んだまま取りに行く。

「プチッ」

ラインが切れた(涙)

初めて釣ったハタなのに、この日箱から出したばっかりのルアーなのに、なんてこったい。




で、ラインを結び直し1投目。

「ガガガッ」

もちろんオートなんとかが作動する。

魚も掛かってる。

しかもさっきの魚と違い下に突っ込むしゴンゴン暴れる。


しばし格闘して足元まで寄せ、またラインを掴みブッコ抜く。

さっきのハタよりは小ぶり。

で釣れたのは


070707_1847~0001.jpg

?ハタ42センチ。

お腹もちょっぴり膨らんでたので海へ帰ってもらいました。


その後の数投し、潮が満ちてくると帰れなくなるので納竿。






のはずでしたが、時間が有るので違う場所へ移動。

そして移動した場所で・・・・。





続く。
[ 2007/07/08 21:30 ] 釣行記 | TB(0) | CM(8)

外道? 

6月30日夜

この日は釣りに行くつもりはなかった。

しかし、ヤマヒコさんのブログでスズキが釣れてたのを見て久しぶりにスズキを釣ってみたくなった。




そしてマッツンは家の扉をあける。


が!なんと!!


お月様がテッカテカ。

で最近はにかみ王子おやじと呼ばれているマッツンはスズキかイカか迷う。

迷いながらも車に乗り込み、車を走らせる。

決断まで後2分、スズキなら左、イカなら右へウインカーを出さなければならない。



決断まで後10秒、まだ迷っている。






















そしてマッツンは右へ...







約1時間後、イカポイントへ到着する。

釣り場にはイカタックルとメバルタックルを持って行く。


先ずはメバルタックルから。


初めはキンギョが釣れる。

今度はメバル
070701_0040~0001.jpg

18センチ有るかな?ってぐらい。


今度はスズキが釣りたくなって辺りを見回しているとイカ発見!

しかしマッツンが持っているのはメバルタックル。イカタックルは竿にラインすら通っていない。

ダメモトでメバル用ワームをフルキャスト。

イカのチョイ先に落ちた。

少し沈め『チョンチョン』と誘ってみる。しかし無反応。

でもマッツンは諦めない。

今度は『おっさんジャーク』

するとマッツンの竿は大きくしなる。と同時にイカは沈降して行く。

「乗った?」

重量感は有るがジェット感が無い。

メバルタックルなのでイカの方も掛けられた感じがしないのだろうか?

そしてゆっくり足元まで寄せ、一緒に来ていたヨメにギャフを車から持って来るように頼む。

そしてマッツン特製のライト付き超ロングギャフを伸ばしイカの種類を確認する。

すると光に反応しイカは猛烈に走り出す。

そしてまた足元まで寄せ竿をヨメに渡しマッツンはギャフ掛けに専念する。

で、揚がってきたのは

070701_0058~0001.jpg

ミズイカ1.2キロ

ワームはイカの耳に引っ掛かってました(笑)





その後エギをひたすら投げたが何も釣れず納竿。



[ 2007/07/03 21:50 ] 釣行記 | TB(0) | CM(5)
プロフィール

マッツン

Author:マッツン
雨にも負けず、風にも負けず、吹雪のような雪にも強力な台風にも負けず。休みは必ず釣りに出かけるジンクス釣り師です。

フリーエリア
フリーエリア

現在の閲覧者数:
無料カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。