マッツンのジンクス釣行喜

ようこそ! マッツンの釣行喜へ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ここって○湾?釣行 

タチを釣り終わり今度は青物狙いで移動。

しかし、行きたかった灯台は先客が遠くから見て3名。

もちろん移動。

しかたがないのでタチを釣っていた場所のチョイ先の灯台を目指す。

先客は数名居るが何とか釣られそう。

っと、ここで3人共睡魔に襲われ、灯台を枕にプチ眠。














空もすっかり明るくなりマッツンとO君が投げ始める。

弟はイビキをカキながら爆眠中。




しばらくしてO君にエソが釣れる。

マッツンはそろそろ飽きてきたので、エソでも釣ろうと思いワームに交換。

そして1投目、ジグのままのO君とマッツンにダブルヒット。

マッツンはすぐバレた。たぶんエソ。

O君はそのままブリ上げる。

釣れたのはなんと


060903_1036~01.jpg

マゴチ。後で測ったら45センチ。

実はO君はこの日の3日ほど前にマゴチ50センチを釣ったばっかり。

羨ましいばっかりばい。

で、その後マッツンにも

051231_0710~01.jpg

じゃなくて
060903_0651~01.jpg

エソが釣れる。



その後エソ数匹を釣り撤収。




で、帰り道にたっくさん/の聖地に寄り道。

すると2名のアングラー発見。

もしかすっとこの人は!!と思ったが、後から人が来たので先ず場所取り。








数十投してアタリも無いのでエギングタックルを取りに行く。

ついでに隣の人達にも挨拶に行く。

するとやっぱり麿王国の国王魚々麿さん/でした。

しばらく話しをした後、エギング開始。


すると魚々麿さんが撤収。

で、入れ替わりにこの場特有の人達、3人組み。

この人達が現れると釣りにならんのでマッツン達も撤収。








そー言えば麿王国が何処に在るか聞くの忘れたばい。

終わり。


スポンサーサイト
[ 2006/09/08 21:48 ] 釣行記 | TB(1) | CM(3)
当日にハナシは聞いたですばってん・・・よかマゴチですたい!
麿も今年こそは1尾獲りたかモンですばい。

王国はラピュタば見つけきらんヒトには発見できませんばい(嘘)
あそこからほど近かトコに独立国家ば築いとっとですけど、聖地ほどの魚影は確認できとらんとですもんね。
[ 2006/09/08 22:48 ] [ 編集 ]
相変わらず大遠征しよらすですねぇ~。
遊牧民族並みの大移動じゃナカですか?
途中現れるナゾのサカナの写真の気になっですばってん?

マゴチにタチにとウラヤマシカ釣果ですバイ。

エギングの釣果の方も気になるトコですばってん?

[ 2006/09/09 12:45 ] [ 編集 ]
<魚々麿さん>
マッツンもマゴチは数匹釣ったとですけど形がイマイチやったですもんね。
魚々麿さんにもそのうち釣れますばい。

<たっくさん>
I君の希望により大遠征になったとですばい。今日はヨメの希望により同じ場所に行きますけど。

エギングは久しぶりにしたとですけど数等しか出来ずに終わったですばい。もちろんボーズです。
[ 2006/09/09 20:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kusk.blog44.fc2.com/tb.php/64-7001e6d6

エソエソ科生物の分類|分類界: 動物|動物界 Animalia門: 脊索動物|脊索動物門 Chordata亜門: 脊椎動物|脊椎動物亜門 Vertebrata上綱: 魚類|魚上綱 Pisciformes綱: 硬骨魚綱 Osteichthyes目: ヒメ目 Aulopiformes科:
プロフィール

マッツン

Author:マッツン
雨にも負けず、風にも負けず、吹雪のような雪にも強力な台風にも負けず。休みは必ず釣りに出かけるジンクス釣り師です。

フリーエリア
フリーエリア

現在の閲覧者数:
無料カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。